ホーム > 着ぐるみ > 【格安SALEスタート】 【レンタル】着ぐるみ じゃがいも (ポテト FV-35) 大人用 貸し出し イベント用 野菜 じゃが芋コスチューム★1日使用★ 売り切れ必至!

【格安SALEスタート】 【レンタル】着ぐるみ じゃがいも (ポテト FV-35) 大人用 貸し出し イベント用 野菜 じゃが芋コスチューム★1日使用★ 売り切れ必至!


  • HOME
  • Home
  • 予想 , 地方競馬
  • 【JBC2019 予想】浦和で開催されるJBCクラシック・スプリント・レディスクラシックで知っておきたいこと

【JBC2019 予想】浦和で開催されるJBCクラシック・スプリント・レディスクラシックで知っておきたいこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

今年もJBC2019がやってきました!

JBCはアメリカのブリーダーズカップの日本版であり、開催競馬場を持ち回りで開催する傾向派泣かせのお祭りです。1日にG1が3つあること自体本当に異常なことなので本当に楽しいですよね。私の思い出のJBCは園田で開催したサクセスブロッケンとヴァーミリアンの叩き合いを見たJBCでしたがさすがに興奮しすぎました。去年の淀のJBCも震えましたが、色んな特別感を味わえるのもこのJBCの良さでしょう。

去年は淀で開催され、今年は浦和開催!

浦和競馬場での開催は史上初とのことで過去の傾向は全く当てはまらないので、過去10年でなどのデータを集めただけの分析は全くする気はありません!そういう分野はそういうブログにお任せして、我々K-BA LIFEでは浦和競馬場はどのようなコースで、出走馬がこのような出走馬なので、こういう展開になり、こういう馬がくるっていう流れで予想を組み立てたいと思います。

このブログでは、浦和競馬場の傾向や特徴、そしてJBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシックの3つのレースをしっかりと分析して、有力馬の考察も合わせて、最終的な本命馬を紹介できればなと考えております。最終予想は馬場も見ながら当日に配信できればと思いますが基本的にはこちらで紹介する注目馬から勝負予定です。

PR 楽天競馬

JBCの予想の前に競馬を賢くする為に、楽天競馬のご紹介を致します!

楽天競馬でJBCを購入すると購入金額に応じて楽天ポイントを10%ポイント還元されます!楽天ポイントを獲得する為には、こちらから楽天競馬に登録し、JBCが開催される11/4に日替わりポイント還元キャンペーンのエントリーが必要なので注意くださいね!

即パットではポイントは無しで、SPAT4では競馬にしか使えないポイントですが、楽天ポイントは使い道が非常に多いです。地方競馬で得たポイントを楽天マガジン に使えばサラブレ、gallopを競馬してるだけで無料で読めますし、最近では楽天ペイというキャッシュレス決済にすれば消費税上がった分も還元される制度もあります。

10万円かけて当たっても外れても1万円分の楽天ポイントは残りますので絶対に楽天競馬からの投票の方がオススメです。

ちなみにTwitterで親交のある同志社大学トリプルクラウンという競馬サークルのゾウさんという方はある交流重賞でゴールドドリームとインティのワイド1点に225000円を賭けて、1.1倍の配当と楽天ポイント22500ポイントを得ておりましたw

そんなこんなで楽天競馬への登録は回収率っていう意味では非常に大切なので是非登録して賢く競馬しましょう!

JBCクラシック2019 予想

浦和2000mの傾向

まずは浦和競馬2000mの理解を深めましょう。

浦和競馬2000mはそもそも浦和記念にしか使用されないということからも、凄まじく特殊条件になります。

さらにきっちり理解しておきたいのは浦和競馬場は昨年改修工事が入り、以前までの時計のかかる砂厚の厚い競馬場ではなくなりました。その為、浦和競馬場は昨年秋に路盤の改修工事が行われたことにより一気に時計が高速化。 

また、直線が南関東でも一番短いことに加えて、3コーナーの急カーブも改修工事が行われ、コーナー角度が少し緩くなっていることからも以前と比較して前が止まらない状況となっております。

こちらについては浦和競馬場の公式ホームページでも紹介しておりますので是非ご高覧ください。

以前の浦和競馬場といえば、砂厚も厚いですし、路盤もボコボコで、カーブも急でとにかく乗りにくいという声が多かったコースでした。また2000mでJBCクラシックを開催させる為に、12頭まで出走できるようにコースの幅を広げたということでしたし、非常に本気度を感じますね。

この浦和競馬2000mはコーナーを6つ回ることから、1400m以上に先行馬が有利となります。中央ダートの高速馬場で持ち時計があったり、小回りでの先行実績がある馬を狙うのがセオリーとなっております。そういう意味でも今年のJBCでも狙いたいのは先行馬です。

また内枠は基本的に包まれると厳しいですし、6回コーナーがあれば外の馬がいくらでも仕掛けることができるので最内は警戒して、外枠の先行馬に注目したいですね。

JBCクラシック2019 注目馬分析

ここではJBCクラシックの有力馬紹介を実施します。

オメガパフューム

間違いなく圧倒的1人気で地方交流重賞では東京大賞典と帝王賞とで無敵の末脚を出して完勝したオメガパフューム。

昨年は淀で開催されたJBCで2着。今年はどうでしょうか。

浦和2000mでは砂が軽くなり、コーナーが緩くなったとはいえ小回りであることからもどう考えても後ろからの脚質のオメガパフュームにとっては非常に厳しい状況。大井2000mは大回りで直線も長いのでいくらでも勝負できますが、浦和は直線も短いのでコーナーでどこまで捲り切れるかでしょう。また左回りでの実績に欠けるので絶対かと言われれば過信は禁物。

枠的にも3番の内枠に入ったので正直内すぎるので抜け出すのに時間がかかると考えて、本命にはしない予定です。

チュウワウィザード

デビューから12戦全て馬券になっている複勝派の中では神と言われる馬です。Twitterでデビューしてから複勝にかけ続けるとどれだけ儲かるかを検証してみました。

1万円を転がせば最終的に33万円になっているという何ともファンを楽しませてくれるいい馬なんでしょうか。それでは浦和記念ではどうでしょうか。浦和記念はタフなコースでコーナーが6回あり、逃げ馬にとっては常に突っつかれる厳しいコースですが先行の馬にとっては、逃げ馬を壁にしながら、走りやすいやや外を不利なく競馬できるので最も競馬がしやすいコース。このチュウワウィザードはその先行力が魅力で、相手や展開不問でとにかく馬券になるので脚をいつでも使える自在性に秀でているといえます。距離もダイオライト記念で2番手から抜け出して圧勝している実績もあり、中距離レースでも崩れたことがないことを考えると多少中央と比較して時計のかかる馬場であったとしても全く問題ないでしょう。

枠も8番と非常にちょうどいいので最有力ではないでしょうか。

ロードゴラッソ

前走重賞初制覇。前走は仕上げ半ばでも先行して4コーナーで先頭に立ち押し切り。今回はさらに良化しているとのことで、非常に面白そうです。この先行脚質からの4コーナーで手応え抜群で回ってくる感じはまさに浦和向きと考えます。また好走実績も長い距離で集中しておりますので適正は非常に高いでしょう。枠も包まれない外目の枠で、浦和競馬では外枠の先行馬がぴったりなので注力したいですね。

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン
アンデスクイーン

重賞連勝していよいよ本格化。但し、牡馬の一線級とがちんこの持続力勝負をしたらどうでしょうか。これまでは中央のオープン級でも勝利しておりませんので、ややパワー不足な気がします。

JBCクラシック 事前予想

ロードゴラッソに注目したいです。4コーナーで先頭に立てる脚質とバテても粘れる脚はいかにも浦和2000m向き。キレる脚は必要ないので、この先行脚質とパワーに期待したいですね。対抗は万能性のあるチュウワウィザードから。

JBCスプリント2019 予想

JBCスプリントは今年は1400m戦。1200mではないのが違和感ありますが浦和といえばこのコースがチャンピオンコースなので最も注目度が高いレースかもしれませんね。なんといっても今年のJBCは藤田菜七子騎手の初G1が期待されるコパノキッキングの出走。藤田菜七子騎手が栗東に先日きているということで若干話題になっておりました。また、高松宮記念を制したミスターメロディが左回りで参戦。そして、地方からはこのコース大得意のノブワイルドも参戦するので、非常に注目度が高いレースになりそうです。

浦和1400m分析

馬場の改修については前述の通り。以前よりも高速化と3コーナーが緩まったことが特徴です。

コーナー4つのレースで、3ハロン目〜4ハロン目のラップタイムが12秒5前後まで落ちることが多いです。コース形状としても、コーナーまでの距離が300mと短く、バックストレッチも南関競馬で最短なので、ラスト3ハロンでのスパートをかけると非常に外に膨れやすく、ロスが多い競馬になります。そう言う意味でも先行馬が有利になったり、小回りでも外から捲れる器用な馬が相性がいいと考えられます。

枠的には、スタートから1コーナーまでの距離が短い1400mはポジション取りが激しく、一見ロスのない内枠が有利に見えますが、外枠の先行馬たちが内を締めることで、内枠の馬が行き場をなくすことが多々ありますので外枠のダッシュ力ある馬が一番有利なことは間違いありません。

JBCスプリント2019 注目馬分析

ミスターメロディ

春のスプリント王ですが、デビューから4戦して2-2-0-0とダートで2勝してます。昔の浦和なら少し割り引いてもいいかもしれませんが、軽くなった砂を考慮したらダート代わりはそこまで問題なさそうです。スプリンターは、持続力を問われるレースになるのでレッドファルクスを初めとして両刀使いなりやすいのもあります。距離については阪神カップ、ファルコンステークス、NHKマイルカップを含めて問題なし。左回りは4-2-0-0と完璧なサウスポー。ちなみに前走のスプリンターズステークスも勝負所で手前変えれなかったのでこの左回りに変わるのは大幅にプラスでしょう。血統はバリバリの米国系であり、ダートは全く問題なし。不安点はダートの一線級とまだ戦歴がないことと枠が最内なこと。この最内枠がどう転ぶかというところでしょう。

コパノキッキング

藤田菜七子騎手のG1制覇なるか!?前走は鞍上が完全に馬の力が抜けきってることを把握しての余裕の逃げ。良馬場の大井で逃げて1分10秒7で、3走前は不良の中で差しに徹して1分11秒8。極端な競馬で、揉まれないことが求められます。

問題は距離は??ってところですが、勝利した根岸ステークスや5着のフェブラリーステークスを見れば問題はないでしょう。ただし浦和のコースで後ろからになると相当しんどいので強烈な逃げ馬が揃いますがとにかく前に行ってほしいですね。どうでもいいですけど前走のように髪を結んだジョッキーが楽々と逃げて勝つのは漫画みたいでかっこよかったので浦和開催でも似たような感じで勝利してくれたらJBCは伝説級に盛り上がりそうですねw

コパノキッキングの一番得意な距離は1200mでありこれ以上長いと途中で脚を貯めないと最後には脚がなくなること、1ターンのコースが非常にいいこと、浦和競馬は逃げ馬が圧倒的な有利なこと。これらを考えると絶対的本命とは言えないでしょう。

ノブワイルド

浦和No.1の地元の大将。ご存知の通り、同じコースのテレ玉杯オーバルスプリントを連覇しており、中央馬でも全く相手にせずに逃げ切り。浦和最強の調教師の元で育っており、このコースの勝ち方を知るジョッキー。前にいける脚質含めて最も安心できる馬ですね。ワイドファラオも千切れたことを考えると能力は全く差がありませんね。確実に前にいけるダッシュ力も浦和での抜群の成績も踏まえて非常に楽しみな一頭です。枠が悪くてもこの馬はスタートが抜群なので全く関係ありませんね。

サクセスエナジー

オーバルスプリントでのレースは内枠が厳しかったです。砂をかぶるとどうしても前に突進していかないのはサンデー系のダート馬らしいですね。この距離は埼玉杯でも好走しておりますし、前にいければチャンスあるでしょう。

JBCスプリント2019 事前予想

◎ノブワイルド

○コパノキッキング

外枠のコパノキッキングが先行して圧勝のような雰囲気がありますがやはりこのコースでの実績を重視したいです。ワイドファラオは中央でも重賞級の馬ですし、その馬を全く問題せずに逃げ切ったこと、浦和のこのコースが一番得意なことを考えてもノブワイルドでしょう。

JBCレディスクラシック2019 予想

JBCスプリントと同様に1400mの距離ですね!

JBCレディスクラシック2019 注目馬分析

ゴールドクイーン

日本一前傾ラップになる前走の勝ち方は派手でした。浦和競馬場も直線が短いので、最初に飛ばして前に行き、スピードの持続力を求められるので逃げることで持ち味をだせるこの馬にとっては最高の舞台。メンバーの中でも持ち時計は随一ですし、軽くなった今年の馬場のほうが間違いなくいいでしょう。

ファッショニスタ

1400-1600-1800と距離を伸ばしたローテーションからの距離短縮でG1はなかなか挑戦的なローテーションですね。

この馬自身、距離短縮は播磨ステークスでも結果を残しているように対応は可能でしょうし狙うポジションはゴールドクイーンの後ろなので追走もそんなに苦労することは無さそうです。昨年もこのレース3着であり底力は証明済。近走は前にいける脚質になっておりますし、枠も外目で包まれずに競馬ができそうです。コーナーが急なので内枠の馬はスピードを落とさないといけないですからなるべく外で勝負ができるポジションをとりたいレースですし、絶好枠といっていいでしょう。

レッツゴードンキ

前走スプリンターズステークス5着、昨年は牡馬混合戦のJBCスプリントで5着。さすがに能力だけならこのメンバーではダントツでしょう。元々はこの馬は距離短縮を好むタイプですが、マイルからスプリントまでは高いレベルで追走できるので、距離延長のローテーションの中でも非常に楽しみです。

モンペルデュ

目下3連勝でG1制覇なるでしょうか!?前走はタテヤマ相手に圧巻の逃げ切り。最内枠が正直原点材料ですが牡馬相手にもスプリント戦で負けないスピードは魅力です。但し、1400mになるとどうか?という点も含めて評価をしたいと思います。

ヤマニンアンプリメ

前走は牡馬相手に善戦して3着。このコースでも鋭い伸びをみせたあたり非常に能力を感じます。但し、後ろからの脚質はどうしてもこのコースでは不利に働くので、今回はどのような競馬をするか次第でしょう。

JBCレディスクラシック2019 事前予想

◎ファッショニスタ

○ゴールドクイーン

もう前にいける馬が中心になります。牝馬相手であれば全く崩れ知らずのファッショニスタを本命にします。何がなんでも逃げというタイプではありませんが、1400mの小回りコースであればゴールドクイーンの後ろを簡単についていき、最後100m地点で交わす簡単な競馬を心がけてくれそうです。

以上です!

前日にはもう少し突っ込んだ予想を予定しております!